梅雨ニモ負ケズ!!

image

「あじさい祭り」という文字をあちこちで見かけるようになりました。

アジサイの学名は「ハイドランジア(Hydrangea)」。

“水の容器”という意味で、梅雨の訪れには欠かせない花として広く親しまれています。名前(紫陽花)の通り、紫やブルーの花びらが太陽の日差しのように輝く初夏の風物詩です。

 

土壌の酸度や咲いてからの日数によって花の色が変化し、酸性なら青、アルカリ性なら赤に変わると言われています。

 

今ではたくさんの種類の色や形があり、額紫陽花(ガクアジサイ)には、「隅田の花火」「ダンスパーティー」など面白い名前のついたものもあります。(アジサイ好きな店長・永久の家の庭にはどちらも植えています。)

 

今、TAOに飾ってあるのは「こんぺいとう」という名前で、白とブルーがとてもキレイなガクアジサイです。

 

これから苦手な梅雨との戦いが始まりますが、好きな紫陽花を眺められるのもこの季節だけ!!

 

雨ニモ負ケズ、梅雨ニモ負ケズ、

 

紫陽花を見て心を和ませて梅雨を乗り越えます(●´ω`●)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です