新スタッフ下平です

こんにちわ。
新スタッフの下平です。
これからTAOで、バーテンダーとしての知識だけでなく細やかな気配りや会話力、そしてバーテンダーのような、優しさやスマートさの中にもブレない格好良さを持つ人に成長していきたいと思っています。まだまだ未熟な私ですがどうぞこれからよろしくお願いします。

突然ですが…
私、実は中高5年間(表千家)茶道部に所属していました!

思ったのですが「茶道」と「バーテンダー」って似てませんか?

「茶道」

image


「バーテンダー」

image
全然違うじゃん!と、思うかもしれませんが

 

先日TAOでバーテンダーの研修を受けてる時に「あ、似てる!」と思いました。

・茶道とは、伝統的な様式にのっとって客人に抹茶をふるまう事で、茶の湯とも言います。
茶を入れて飲む事を楽しむだけではなく、生きていく上での目的・考え方、宗教、そして茶道具や茶室に飾る美術品など、広い分野にまたがる総合芸術として発展したものです。

 

茶道では、お客様にお出しするお茶を丁寧に「茶筅」「ふくさ」「茶杓」「茶釜」「水指し」「柄杓」「建水」…と呼ばれるお茶の道具を駆使し、一杯一杯心を込めて作っていきます。

 

お茶を飲みに来たお客様は、その間、お茶を作る工程や、姿、雰囲気を楽しみます。
お茶を出す側は、ただお茶を点てるだけでなく美しい所作を心がける事やその場の雰囲気を作ることも務めです。

 

そして、その人一人一人のために作っられた、たった一つのSpecial teaを頂く。(千利休などの茶道の達人たちはこれに加え、豊富な知識でお客様に会話の面でもおもてなしが出来ますね)

これが茶道です。

 

細やかな気配りを持ち、お客様をもてなし、癒す場を提供するバーテンダー。

 

あれ?ちょっと似てるかも?って思いました?笑

 

そうなんです。飲み物の種類は違えど、お客様を癒す場をつくり、もてなすという点から見ると「茶道」と「バーテンダー」って実は似ていたんです。

 

5年間続けてきた茶道部で磨かれた雰囲気をTAOでも生かしていきたいです♡
さて、研修に行った時にもう一つ私が思った事。
それは、「お酒の数が多い!!!豊富」
という事です。

 

え?お酒は好きですか?って?
「酔う」ためのお酒を好んで飲む人は多いですがが、私はどちらかといえば「味わう」方が好きです。

 

・バーテンダーの多くは「酔う」ためではなく、テイストを「知り」、「確認し」、「味わう」ためにお酒を飲むからです。強いカクテルを飲んで大騒ぎをするよりも、最高級のウイスキーを少量たしなむ方が好きなのです。
(バーテンダーさんに聞いた「誤解されていると感じる10のこと」から引用)

 

という記述を見つけたのですが、私は正にバーテンダーのお酒の嗜み方の方が好きです。(量が飲めないのもありますが笑)
お酒って沢山の種類があって
それらを調合して作るのがカクテル
私の中でカクテル作りって

image
「ハーマイオニーがポリジュース薬を作ってる」
みたいな感覚なんです笑(ワクワク♪)
そう思ったら、お酒の種類覚えたり、
「これとこれを合わせたらこれになる!」
って覚えながら作るの楽しくないですか?

 

これから、ハーマイオニーのような、
優秀な魔法使いに? なって、癒しのMagicを届けられる(かけられる?)ように頑張ります。

 

あ、間違ってポリジュース薬を渡してしまったらごめんなさい。でも大丈夫!
あれ、時間がたったら戻りますよ?笑
それまでは、なってしまった誰かを楽しんでください!
私は、ポリジュース薬は作れても治す薬は作れないので;)

 

(kidding)

 

さて、今回はこの辺で
Thank you for reading .
Have a great day ♡xoxo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です