ウイスキーの基本のキ

 

こんにちは、スタッフ井上です。

先程ですね、TAOオーナー林田さんよりウイスキーの基本を教わりました。

ウイスキーを飲んだことがなかった方へ、基本のキをシェアしておきます!

 

まずは…

ウイスキーってなに?

ウイスキーについては明確な定義はないそうです。

蒸留酒の一つで、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させ蒸留したものである。    ( wikipediaより引用)

蒸留酒なので40度以上になるのが普通です。

年数は、長いものは25年ものまであったりとか…まろやかっていうか、なんかすごいらしいです。将来飲めたらいいな…

ちなみに12年ものと18年ものを飲み比べてみたところ、18年ものの方がグッときました。高級感というか…飲んでみてください。

 

飲み方について、

今日はストレートで味見をしていました。ウイスキー本来の味をグッと感じられます。

味の変化を楽しみたいならロックで。氷が解けていくにつれて、どんどん味が変化していきます。面白い。

 

三大ウイスキー

1.アイリッシュウイスキー

史上最古のウィスキーといわれており、発芽させない大麦を主原料としていて、3回蒸留する手間のかかったウィスキーらしいです。

2.スコッチウイスキー

イギリスのスコットランド発祥で、世界各地に広がったウイスキーです。大麦を原材料にしたモルトウイスキーなどがあります。

ウイスキーのつづり、「WHISKY」です。イギリス英語です。

<本日のテイスティング①>

マッカラン 12年 ¥900

 

シングルモルトの最高峰ウイスキーです。

<本日のテイスティング②>

ラガブーリン 16年 ¥1800

朝ドラ「マッサン」でも登場しました。こちらはアイラモルトの最高峰です。くわー!!ってきます。アイラウイスキーは泥炭素材の土で育った大麦から創られているそうで、磯の香りがするらしいです。きっついです。これがはまったらやめられないとか。ここから日本のウイスキーが生まれるそうです。詳しくは「マッサン」をご覧ください。

 

3.バーボンウイスキー

他のウィスキーが麦を主原料とするのに対し、トウモロコシを使うのが特徴です。アメリカ建国時には、現在のケンタッキー州バーボン群の牧師が作っていたことから、こう命名されました。

ちなみにウイスキーのつづりは「WHISKEY」。アメリカ英語でした。微妙なところにもバーボンとスコッチを見分ける決定的なポイントがありました。

<本日のテイスティング③>

ワイルドターキー 8年 ¥700

バーボンウイスキーと言えばこれ。初心者におすすめのウイスキーです。すっとしていて飲みやすい。そんなイメージでした。

 

 

______________________________

 

深いです。

あらゆる産地、そこの土壌や気候、生活までもが複雑に絡んでできるウイスキー。

お酒は文化です。

明日もTAOでお待ちしております。

 

TAOスタッフ 井上

 

―追記―

削ぎ師です。本日生ハムから残った肉を落としました。

削ぎ立ての生ハム、だいぶおいしいです。まだ出していますので、どうぞお味見ください。

 生ハム(ハモンセラーノ) ¥650

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です