折り紙同好会

スタッフの加藤です。

 

 

先日折り紙について、ブログを書いたのですが、やはり折り紙って楽しいですね。

本日いらしたお客様に、自分が作った折り紙を見せたところ、今度は逆に作って見せに来ていただけるそうです(^^)

 

 

折り紙が若い世代にどれだけ浸透しているのか。

小さなころには持っていた童心を捨て去ってはいないか。

を確かめたい。いるならば同志として、TAOにて「折り紙」に触れようではないか。

人集まるのか分かんないですが、いろんな世代の人がこうでもないああでもないと

1つの作品に向かうのはきっと楽しいのではないかと思います。

 

いつかそんな企画をやってみたいと心に秘めています。

 

 

ついでに、「赤から」という鍋がおいしいお店を紹介しておきます。

ここの鍋は、辛さが1から10まで段階があって一番おいしい辛さはレベル4です。

ちなみに、自分はレベル9に挑戦したのですが、翌日お尻が死にました。

店員さんにも「本当に大丈夫ですか??」と何度も聞かれるほど、レベル9,10はやばいです。

レベル9とレベル10の間にどれほどの差があるのか分かんないですが、チャレンジャーな方、辛いものが

得意な方は、ぜひ一度お試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です