博多祇園山笠

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

蒸し暑い日が続いています、今年も山笠が終了しました。

櫛田神社を通り、数回目のTAO勤務の帰りに山笠の話をした、4月が懐かしいです。

 

 

「博多祇園山笠」は、700年以上続く櫛田神社の奉納神事。

 

 

毎年7月1日から15日まで開催されます。

 

 

その起源は、仁治二(1241)年に博多に疫病が流行した際に、承天寺の開祖・聖一国師が祈祷水を撒いて町を清め、疫病退散を祈願したことが始まりとされています(※諸説あり)。

 

 

当時の山笠は、高さ15メートル前後のものを担いて、街中をゆっくりと練り歩いていました。

 

 

明治末に電線が張り巡らされたことから、それまでの山笠を「飾り山笠」として残し、

 

 

別に高さを抑えた山笠「舁き山笠」を作って担ぐようになりました。

 

 

○7月1日  飾り山笠公開
福岡市内各所に大きな「飾り山笠」がお目見えする。

 

 

○7月12日 追い山馴らし(開催時間 午後3:59~)
15日の追い山に向けた予行練習として約4キロのコースを走り、本番さながらのタイムレースが繰り広げられる。

 

 

○7月13日 集団山見せ(開催時間 午後3: 30~)
呉服町交差点から中央区天神の市役所前まで1.2キロの道のりを走る。市長をはじめ地元の名士が台上にあがる。

 

 

○7月15日 追い山笠(開催時間 午前4:59~)
午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠が櫛田神社の境内に舁き入る(担いで入る)。以降、二番山から七番山まで一定の間隔を置いてその後に続き、櫛田神社の境内から街中へと駆けだしていく。

 

 

 

引用:博多祇園山笠

https://yokanavi.com/feature/29244/

 

先日お休みの日に中継で、追い山の様子を見ました!

 

祖父も、山笠を担いでいたと知って

 

今まで興味のなかった山笠に、少し親近感が湧きました。

来年は、本物を見てみたいです。

 

明日はTAOでミュージックデイを開催します。

ぜひ、お越しください。

 

おやすみなさい💤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です