思い立ったので日記的に

店長のニシヤマです。

2月に正式にTAOの店長に就任してから、いま3月末。

もはや2ヶ月が過ぎようとしておりまして。

 

オーナーの林田さんからは、

「ブログの更新もしていきなはれ。」

と就任当初から言われ続けていたのですが、

なかなか慣れないフリをしつつ、サボっていました。

 

ですが今日、いま午前5時。

なんだか自分で淹れたコーヒーが珍しく美味くって、

レコードのサイモン&ガーファンクルがやけにノスタルジックに鳴っているので、

思い立ってはタイピングをしています。

 

 

と、ここまで打ちましたが、

続きに書くことは全く考えておりませんでしたので、

とりあえず日記的に先週の話を。

 

 

先週の日曜日に仲間たちとレコード屋巡りをしてきました。

音楽と映画が好きな友達2人です。

(最後に行ったレコード屋で急に思い出して撮った一枚)

 

普段はApple Musicでお互いに組んだプレイリストをTAOで聞かせ合う3人ですが、

この日は、それぞれ完全ジャケ買いのレコードを数枚づつ選んで視聴会をしました。

 

レコードって意外と安く買えるんですよね。古いやつだと300円/1枚とか。

3枚買っても1000円前後だったり。

それでいて、CDよりも重量感があるから、買った感がある。

 

各々、おもいおもいの数枚を購入してTAOに戻り、

封を解き盤を取り出し、アンプに火をつけて、優しく針を落とす。

最初に音がなる瞬間までのワクワク感は、ストリーミングのワンタップとはとても比べ物にはならないですね。

 

結果、買ったレコードが気に入っても気に入らなくても、この瞬間だけはよかったと思える。

またひとつ、たのしい遊びを知ってしまいました。

 

3人とも家にはプレーヤーがないので、

この日買ったレコードは全てTAOに置いてあります。

ときどきかけてますので、気に入ってもらえると嬉しいです。

 

 

最後にこの日の珍プレーを。

「プレイガール」・「デヴィットボウイ」のキーワードとキャッチコピーに惹かれて購入した一枚(300円)

この日一番の推しでしたが、封をといてみればギンギラギンの銀盤。

この銀盤、レーザーディスクというVHSとDVDの狭間で一瞬だけ輝いた規格だそうで、当時は7000円〜10000円もする憧れの代物だったとか。

 

どうやら、友達の実家に再生機があるらしく。

もしかしたら見れる日がくるかもです。

ワクワクが尾を引く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です