「美術のみかた 自由自在」

ニシヤマです。

「美術のみかた 自由自在」を鑑賞。最終日に慌てて。

セザンヌやウォーホルがいかにしてアートを覆してきたか。鑑賞するというよりも、体験することに重点を置いた、インスタレーションとしての美術の見せ方。に1時間ほどかけて浸ることができました。

二階ロビーの無料観覧可能なエリアに、”ミレーの落穂ひろいを見るタイの農民たちの雑談風景”が映像作品として展示されてたのですが、これこそ、「美術のみかた 自由自在」だなと。
鑑賞者が鑑賞時点での自身の境遇や捉え方で楽しむもよし、作品の背景や裏の意図まで踏み込んで鑑賞するのもなお面白し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です