ぶりっ子 VS…

こんばんは。TAOスタッフの冨樫です。

 

バイト前の腹ごしらえをしながら、今日は何を書こうかな、と考えていたのですが、今回はこんな葛藤がありなかなかテーマが決まりませんでした。

 

いい子ぶりたくない vs 暗い(黒い)内容にしたくない

 

いい子ぶりたくありません。反抗期です。

なるべく飾らない文を書くようにしていますが、自分が書いたブログを読み返すと、「誰やお前」となる時があります。虫唾が走ります。反吐が出ます。

いい子ぶりたくない勢いで言うと、多くの企業ブログとか、なんちゃってインフルエンサーとか、ある程度みんな虫唾が走ります。なんでそんなやわらかくて中身のないことしか言わないんだ。そんなの読んで誰が楽しいんだ。お前は誰だ。

中身のあることを言うとしても、当たり障りのないことしか書かないとすると、結局いい子ちゃんになってしまいます。

 

じゃあ、なにか自分の中の汚いものについて書いてみよう、クラスメイトのあの子が大嫌いなこととか、身も心もダサい人々への軽蔑とか…

…え、これこそ誰が読みたいの?真っ黒な言葉が並ぶよ?こういうのは自分の中に秘めておく(そして時々お母さんとグチグチ盛り上がる)べきものでは………?

 

…と、こんな葛藤があって、テーマが思いついても「いい子かよ」か「黒すぎ」のどちらかにあてはまってしまって決められませんでした。極端な人間ですね。近づかない方がいいです。

 

自分にも他人にも攻撃せず、それでもぶりっ子じゃなくて、面白いと思ってもらえる。

 

あ、それってユーモアか。私に必要なのはユーモアなのか。

 

そう気づくと、当たり障ることを書きたいという反抗期も、和らいできました。

 

ユーモア、ユーモア。一朝一夕で身につくものじゃないけど、課題として意識してみよう。

 

次回以降、ユーモラスなブログを乞うご期待です(フラグ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です