予定を消化する箱

こんばんは。スタッフの冨樫です。

 

 

忙しい!

 

 

なんて言ったら、「まだ耳から血も出していないくせに」と某オーナーからツッコミが入りそうですが。

 

 

(私にしては)忙しい!

 

 

アルバイトしている塾が夏期講習期間に入り、朝からフル稼働。

 

 

シフトが入っていない時間帯には、8月末に全国大会が控えるサークルの練習をねじ込む。

 

 

あれ、8月末、期末レポートの提出もあったような。

 

 

ん、TAOは?

 

 

特に慌ただしい日だと、朝から晩まで塾とサークルとTAOを渡り歩く、なんてこともあります。

 

 

ぐちゃぐちゃと書き込まれたスケジュール帳を見ながら、ふと、

 

 

8月いっぱいは、私は「予定を消化する箱」なんだな

 

 

なんて思ってしまいました。

 

 

考えたり、疲れたりしている暇はない。「全部自分がやりたくてやってること」と自分に言い聞かせて、麻痺させて、ひたすら動く。

 

 

私は予定通りに稼働する入れ物だ。

 

 

そこまで考えて、浪人期の違和感を思い出しました。

 

 

未来の「なりたい自分」のために、目の前の「やりたくないこと」をやる。

 

 

よく賞賛される生き方です。受験生は特にそうです。

 

 

でもそれって、努力している間って、「自分」じゃないじゃん。

 

 

まだ「なりたい自分」になれてないし、「楽しい自分」「幸せな自分」ですらない。

 

 

「嫌だな」って気持ちを押し殺して、「努力する箱」になる。

 

 

今の私も、「やりたくてやってる」と思い込むことで納得したことにしてるけど、くるくる動き回ることが他律的なことのような気がして、モヤモヤする。

 

 

受験期と違って、「今、楽しい」と両立するから、なんとかやってるけど。

 

 

勉強、バイト、サークルなんて、没個性大学生の用事ばっかでこんな事言うの、「甘いっ!」って感じですか?

 

 

でも、忙しいことへの違和感について、受験期のモヤモヤについて、整理してみたかったんです。

 

 

あまちゃんなのは分かってますよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です