続・がんこちゃんになりたい

 こんばんは。スタッフの冨樫です。

 お久しぶりのブログとなってしまいました。

 久々にブログ書きたいな、何書こうかなと考え、「がんこちゃんになりたい」をテーマに書こうと思いました。

 しかし書き始めて、なんとなく感じるものがあって、過去のブログを見返しました。

 書いてましたね、既に。同タイトルで。

 しかし読み返すと今書きたいことと少しずれている気もしたので、このまま書き進めます。

 私はがんこちゃんになりたいです。

 骨の髄から善人になったり、誰の手も煩わせない人になったりする前に、傷つけたり世話になったりしたときに「ごめんね」とか「ありがとう」を言えるがんこちゃんになりたいです。

 最近気づいたのは、「がんこちゃんになりたい」に加えて、「ざわざわ森に住みたい」という欲求があるなということです。(ざわざわ森=がんこちゃんたちが暮らす森)

 別に、ドーナツ沼で泳ぎたいとか、岩石パンを食べたいとかいうことではありません。

 ただ、傷つけあって謝りあって、大人も子供みたいに笑ってて、っていう世界に住みたいです。

 こう言うと現世に疲れ切ってるみたいですが、現世に絶望したから憧れる、というよりは、現世をざわざわ森にしたいな、ざわざわ森のつもりで暮らしたいな、と思います。

 私が社会の方向性を決めていいなら、ざわざわ森が理想です。私にそんな大きな権限はないので、社会を端っこから少しずつざわざわ森にしていこうと思います。

 大人の楽しさと子供の素直さが共存する、「大人のざわざわ森」で乾杯がしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です